2022.02.04

Made in Hawaiiを買う

くせになる魅惑の甘み…ハワイの恵みが詰まったPONOシロップ

  • WRITER 松本 律子

  • INTERVIEWER 瀬川 慶

ハワイ産素材にこだわってハワイで作られるPONOって?

少し前にファーマーズマーケットで見つけて以来、私も子どもたちも大ファンになってしまったのが「PONO POTIONS」。最初にこの味に感動したのは、ファーマーズマーケットで飲んだ、PONOシロップ入りのレモネードでした。


ハワイの素材を贅沢に使った、ナチュラルフレーバーのシロップ!甘みはもちろんあるんだけど、ほのかに香るフレーバーが自然で美味しいんです。色味もきれいだし、ついついリピート買い(笑)。その後、ファーマーズマーケット以外でもフードランドやディーン&デルーカ ハワイなどでも見かけるようになり、周囲でもその名前をよく耳にするようになってきました。


そういえば11月に開催された「メイドインハワイフェスティバル」でも、注目を集めてたっけ ↑↑↑。

ダウンタウンのお洒落カフェ「POAI」でインタビュー


そんな、PONO POTIONSが、ダウンタウンに直営のカフェ「Po’ai by Pono Potions」をオープンしたんです。これがまた、レンガ作りのなんともお洒落なお店なのですが、そこでオーナーのピーターさんにお話を聞いてまいりました!!


ピーターさんは、オレゴン州ポートランドのご出身。でもお母様がハワイ(ホノルル)出身ということで、自分のルーツであるハワイとは深いつながりを持って育ったのだそうです。


ハワイへ戻り、レストランやバーでの仕事を経験。バーテンダー時代に飲み物をクリエイトする楽しさを知った彼は、ハワイならではの素材を生かしたシロップを作ってみたいと、このビジネスをスタートしました。


それまで、ドリンクなどに使うシロップは、アメリカ本土や他の場所から仕入れることが多かったのだけれど、実はハワイには自然の恵みがたくさんある。マウイ島アリイファームのラベンダー、ハワイ島で育ったマカダミアナッツ、モロカイ島のハイビスカス、オアフ島のジンジャーやターメリック(ウコン)…。


それらの風味を自然のまま活かし、人工甘味料や着色料、保存料などを一切使わずにシロップを作るこだわり。甘みはシュガーケーン(サトウキビ)とシーソルトをベースにしているそうです。

朝のコーヒーにスプーン1杯のPONO、という幸せ


「朝、目覚めのコーヒーに、PONOシロップをスプーン1杯いれて飲んでみて。どこにいてもハワイを感じることができると思います。炭酸水やカクテルに入れてもいいし、温かいレモネードに入れてもいい。自然の甘さとメイド・イン・ハワイの風味を手軽に楽しんでもらえたら嬉しいです」とピーターさん。


ハワイ産素材をたっぷり使って、ここハワイで作ってボトル詰めまでしているPONOのこだわり。さらに、その味わいをもっといろいろ試してもらえる場所として、このカフェ「POAI」をオープンしたのです。


PONOのシロップを使った様々なコーヒーメニューがいくつも選べるのが楽しい。レモネードは日替わりで使うシロップが変わるのですが、自分の好みでリクエストすることも可能とのこと。嬉しいですね。


軽食のホットサンドイッチや、提携している地元ベーカリー(Ulu & Kalo Bakery)から届く、ウル・ブレッドやマフィンなども楽しめます。

ロコビジネス同士のサポートが、今を乗り越える力に


さらに、カフェの中には様々なローカルブランドのアイテムが。ジュエリーやアート、お洋服など、いろいろなロコアイテムを、シェアスペースのような形で販売してサポートしているんですね。


ハワイ産のナチュラルなシロップを使ったドリンクを楽しみながら、メイド・イン・ハワイのアートにも触れられるわけですよ。これって嬉しい。これって楽しい!

 

「2019年8月にスタートしたビジネス。つまり、パンデミック直前に始めたので、もちろんたいへんでした。でも、ローカルビジネスと支え合ってお互いサポートできたからこそ乗り越えてこられました。ファーマーズマーケットで、実際にたくさんの人に会えてフィードバックをもらえたのも力になりましたね。だからこそ、地元のファームやローカルのお店などとはこれからも協力していきたいという思いが強いです」。(※編集部注:2022年2月現在は、ファーマーズマーケットへの出店はお休み中だそうです)


なるほど…。最近いろいろな場所で取材させてもらってますが、今がんばっているスモールビジネスのオーナーさんって、本当に地元のつながりを大切にしている方が多いなあと実感します。自分だけじゃなくて、周りと一緒に成長していこうっていう気持ちが強い。そして、地元ハワイへの愛もひしひし感じます。

ハワイ好きな方へのお土産にも、ぜひ!


「シロップは、少なくとも1週間に1度のタイミングで作ってるから、いつも新鮮な状態でお届けできています。未開封ならそのままで半年はもつし、開封しても冷蔵庫に入れれば1年くらい大丈夫なんですけどね」。


おお。ということは、日本へのお土産にもぴったりじゃないですか!ちなみに、シロップは常時8種類あり、さらに季節ごとに2つのフレーバーが限定で作られるそうです。


中でもピーターさんの個人的なお気に入りは、アリイファームのラベンダーを使った「Aliʻi Lavender Syrup」とのこと。実は私もこれが一番好きかも!


コーヒーなどには「Maika'i Macadamia Nut Orgeat」が合うし、カクテルや紅茶には「Waialua Honey Ginger Syrup」がおすすめだそうです。そして「Moloka'i Hibiscus Grenadine」はレモネードに最適。…って、結局どれもこれも美味しいわけで。結果、我が家の冷蔵庫には3種類のPONOシロップが常備されている状態です(笑)。


スプーン1杯で、ハワイの味わいを楽しめる、こだわりたっぷりのシロップ。本当に、本当に、ぜひともお試しいただきたい!最近の私の「推しアイテム」です。

 

Pōʻai by Pono Potions/ポハイ・バイ・ポノポーションズ

URL
https://ponopotions.com/
住所
1119 Smith St. Honolulu, HI 96817
営業時間
7:30〜16:00(火〜土曜)、8:00〜13:00(日曜)
休日
月曜

TAG

SHARE

PREV

ALL

NEXT

よく読まれている記事

POPULAR ARTICLE

CATEGORY

HOT TAG