ディーン&デルーカ限定トートバッグの人気は圧倒的!

2021.11.02

Made in Hawaiiを買う

旅行者にもロコにも愛される “ハワイの” DEAN & DELUCA は特別だ

  • WRITER 松本 律子

  • INTERVIEWER 瀬川 慶

いつ行ってもお洒落、いつ行っても美味しい、いつ行ってもハッピー。私にとって、そんなミラクルなお店のひとつが、ワイキキに2店舗を構える「DEAN & DELUCA HAWAII」です。

ニューヨークでも東京でもない、ハワイのDEAN&DELUCA 

 

もともと、1970年代後半にニューヨークで「高級食材店&デリカテッセン」として誕生したDEAN & DELUCA は、その後全米へと店舗展開を広げていきました。2003年には日本・東京にも海外店舗を初出店しています。


そんな中、ここハワイに2店舗の「DEAN & DELUCA HAWAII」が登場したのは2016年のこと。それまでのハワイにはあまりなかった「お洒落なデリ&ショップ」の登場に、すごくワクワクしたのを覚えています。そのワクワク感は、5年経った今でも色褪せない。というか、ますます進化し続けているからすごいんですよね。


お忙しい中、インタビューを受けていただいたDEAN & DELUCA HAWAIIの高橋社長(上の写真・左)。高校生の頃にニューヨークのDEAN & DELUCA に行って感銘を受け、いつかこのお店と関わる仕事ができたら…と思っていたんですって。そこから時が経ち、いろいろな縁が重なってハワイでDEAN & DELUCA HAWAIIを立ち上げる機会に恵まれたんだそうです。


「ニューヨークのDEAN & DELUCA の雰囲気をハワイへ持ってきつつ、ハワイでなければ表せない特別な店舗を作りたかったんです。もともと別の会社で海外でのリテールや飲食業に携わっていたので、自分の経験も活かしながらハワイならではのDEAN & DELUCAを作ろうと。ここでしか買えないもの、ここでしか食べられない味を生み出そうと思考錯誤しましたね」と社長。


そのこだわりが、ハワイでも愛されて徐々に人気店に。とくに観光客からの圧倒的な支持を得て業績は順調に成長してきました。しかし、このパンデミックで観光客が激減。状況は大きく変わったと言います。

コロナ禍での挑戦が新しい出会いにつながって

 

「日本からの旅行者も来られなくなりましたし、正直たいへんでした。スタッフにも苦労をかけましたね。でも、もともとハワイのローカルに愛される店舗にしたい、という思いがあったので、この機会に地元の皆さんのためにできることをやっていこうと考えたんです。

 

カカアコのファーマーズマーケットに出店して、限定のパンやローフを販売したのもその一環。当時、外出が制限されていた中でマーケットに参加できたのは本当に良かった。これまで出会ったことがないお客さんも、たくさん来てくれました」。


たしかに、2020年春~夏は、ハワイがハワイじゃないような非常事態だったのですが、その中で美味しい焼き立てパンやサンドイッチ、お洒落なマスクケースなどを販売してくれていたDEAN & DELUCA HAWAIIのテントは、間違いなくみんなの「オアシス」のような存在でした。毎週のように通ったっけ…。

 


さらに、リッツ・カールトン店の2階にあるレストラン部門がクローズを余儀なくされている中、シェフのこだわりが詰まった「ミールキット」販売もスタート。2人用、4人用のディナーがプレクックされ、自宅で簡単な調理をするだけで本格的なレストランの味を楽しめるというセットで、これがローカルに大好評!リピーターも多いんですって。


パンデミックの中、あえて新しい挑戦をし、これまで以上にファンを増やしているって、すごくないですか?

高橋社長のお気に入りだという、スモークアヒのホットサンドイッチ。ハワイのアヒ(まぐろ)をインハウスでスモークしたオリジナル!

 

「これからも、もっとハワイの皆さんから愛される存在になりたい。ハワイの食材やハワイならではの文化を取り入れて、地元の人たちに美味しいものを楽しんでもらいたいと思ってます。もちろん、旅行でハワイへ訪れる人達にも、ハワイの良さやハワイならではの美味しいものを提供していきたいですし。そこはどちらも、つながってますよね。今以上にできることはあるはずですから。がんばりますよ」という高橋社長。

 

大きな野望を語りながらも、とっても温かくって優しくって物腰が柔らかくって、素敵なんだなあ。そして、とても謙虚で上品なのよ。素敵。こういう雰囲気が、ほかのどんなお店とも違う「唯一無二」な強さにつながるんだと。私は、そう思うのです。

 


では、こんな高橋社長の想いが隅々にまで行き渡った、ワイキキの2店舗。その様子を写真多めでご紹介しますね。

クールなリッツ・カールトン店

 

リッツ・カールトン店は、クールな雰囲気で天井が高く吹き抜けとなった2ストーリー。1階ではコーヒーやデニッシュ、そしてカラフルでフォトジェニックなスイーツが買えるカウンターと、ハワイ素材を使ったハイクオリティーなデリコーナーが迎えてくれます。


ここのデリ、本当に素晴らしくって。これまで何度お世話になったことか!エグゼクティブシェフのケビンさんが、ハワイの食材やハワイ伝統の調理法などを絶妙に取り入れて、独自に作り出すデリメニューの数々は、どれもその美味しさに驚かされます。


「どこにでもあるデリとは違うものを提供したいんです。シンプルなパスタにもウニを使ったり、オピヒ(ハワイ固有種の貝)とハワイ産の新鮮なアヒ(マグロ)を使ってポケを作ったり。プライムリブやWagyuを使ったボリュームあるメニューもあります。季節によって、農園によって、旬で美味しい素材が変わるので、それに合わせてメニューも変化させるんです。実際に地元の農園へ出向くことも多いですね」と教えてくれたケビンさん。こだわりがね、すごい!


そう、DEAN & DELUCA HAWAIIのデリは「毎日がシェフスペシャル」の日替わりなんです。高級レストランへ行かなくてもこのお料理が食べられるのは、とてもありがたいこと。しかもデリだから、欲しいぶんだけ量り売り。フードロスが出ないのもいいですよね。

 

ハワイの新鮮なフルーツをたっぷり使ったハワイアンフルーツ・ハニートーストや、朝食にぴったりのアボカド・エッグ・トーストなどの軽食も人気です。

 

毎朝焼かれるパンも、それはもう格別!

 

センスよくディスプレイされた商品たち。見ているだけで楽しい気分に

センスよくディスプレイされた商品たち。見ているだけで楽しい気分に

リッツ・カールトン店のハウスブレンドを、自宅へ持ち帰ることもできる

リッツ・カールトン店のハウスブレンドを、自宅へ持ち帰ることもできる

オリジナルエプロンはセンスのよいママ友へのギフトにも!しわになりにくい生地がうれしい

オリジナルエプロンはセンスのよいママ友へのギフトにも!しわになりにくい生地がうれしい

保温保冷効果の高いタンブラーは3色展開。一番人気はさわやかなブルーだとか

保温保冷効果の高いタンブラーは3色展開。一番人気はさわやかなブルーだとか

メイド・イン・ハワイのアイテムも充実。こちらはハワイ島から届く「エスプレッソ・バー」

メイド・イン・ハワイのアイテムも充実。こちらはハワイ島から届く「エスプレッソ・バー」

季節ごとに変わるディスプレイは、どれもフォトジェニック!

季節ごとに変わるディスプレイは、どれもフォトジェニック!

オアフ島カイルアで作られるはちみつも発見。こちらはハイビスカス・ハニー!

オアフ島カイルアで作られるはちみつも発見。こちらはハイビスカス・ハニー!

 

もちろん、メイド・イン・ハワイの食材やギフト、ハワイ店限定のロゴグッズなどもセンスよくディスプレイされています。

デニムにレザーの持ち手、そしてお洒落なロゴが人気のリッツ・カールトン店限定トート

デニムにレザーの持ち手、そしてお洒落なロゴが人気のリッツ・カールトン店限定トート

デザイン豊富なトートバッグ。すべて各店限定で販売している

デザイン豊富なトートバッグ。すべて各店限定で販売している

メッシュのトートは軽くて丈夫。ビーチバッグやママバッグとしても!

メッシュのトートは軽くて丈夫。ビーチバッグやママバッグとしても!


オリジナルバッグは、店舗によってラインナップが違います。デニム地にレザーの持ち手がかわいいトートや、ビーチ使いにもぴったりなメッシュトートなど、色違い・サイズ違いでいくつも買う人も多いのだとか。その圧倒的なかわいらしさと、ここでしか入手できないレア感が、人気の秘密なのですよね。


階段を上がった2階フロアはレストラン。ですが、ざんねんながら現在はクローズしています。コロナの状況が収まったら、あらためてオープンするとのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

 

開放的なロイヤルハワイアンセンター店

 

ワイキキの中心、ロイヤルハワイアンセンターの1階にある「ロイヤルハワイアン店」は、開放的なビンテージハワイをイメージしたという店舗。リッツ店とはまた雰囲気が違って、明るく温かみのあるインテリアです。


DEAN & DELUCA HAWAIIの代名詞とも言える「ハイビスカス・トートバッグ」はこのお店だけの限定品。コロナ禍となる前は、このバッグを求めて早朝から行列を作る人が絶えなかったプレミアムアイテムです。たしかに、かわいい。そしてサイズもポケットの感じも、ほんと使いやすいんですよね。旅行者が少ない今は、比較的入手しやすくなっているということで、ローカルの人たちが多く買っていくのだとか。ふふふ。かくいう私も、先日購入しちゃいました。


やっと、ゲットです。嬉しい。


 

それ以外にも、ロイヤルハワイアン店限定のショッピングバッグや、ミニミニサイズのミニトートなど、ここでしか買えないバッグがいろいろあります。


それにしても、「限定」ってどうしてこんなに魅力的な響きなんでしょ。

 

メイド・イン・ハワイのスパイスやソースなど、調味料はギフトにも♪

メイド・イン・ハワイのスパイスやソースなど、調味料はギフトにも♪

パイナップルを使ったトロピカルなビネガーは見た目もかわいらしい

パイナップルを使ったトロピカルなビネガーは見た目もかわいらしい

ロイヤル・ハワイアン・センター店のハウスブレンド・コーヒー。各店舗の味を飲み比べるのも楽しい

ロイヤル・ハワイアン・センター店のハウスブレンド・コーヒー。各店舗の味を飲み比べるのも楽しい

添加物を使わないハワイ産のシロップ「PONO」は最近話題の新アイテム!

添加物を使わないハワイ産のシロップ「PONO」は最近話題の新アイテム!

ミツロウを使ったハワイ島発のMeli Wraps。使い捨てではないエコなラップです

ミツロウを使ったハワイ島発のMeli Wraps。使い捨てではないエコなラップです


ハワイ産の調味料や、手作りのリリコイバターなども、この店舗の限定販売。ハウスコーヒーも、リッツ・カールトン店と違うショップオリジナルだったりして、そのこだわりには脱帽です。おみやげ探しにも最強のラインナップ。見ているだけで楽しくて、嬉しくて、つい自分用にも買ってしまう危険さよ…(笑)。


カフェスペースではもちろん、美味しいコーヒーやレモネードをオーダーできます。さらに毎朝焼かれる食パンやデニッシュも種類豊富でありがたい。もちろん、どれもめっちゃ美味しいです♪


ふっと立ち寄って手軽に持ち帰れるように、サンドイッチやサラダ、キッシュなども販売してくれているので、ビーチや公園、ホテルのお部屋でピクニック気分を味わうのに最適。さらに、こういうお店って、ワイキキ周辺で働くローカルの強い味方でもあるんですよね。



ローカルにも旅行者にも愛されまくり、常に新しい挑戦を続けている「DEAN & DELUCA HAWAII」。単に、かわいいアイテムがあるから~とか、お洒落だから~とか、そういうの超越した魅力に満ちています。


だからね。やっぱり通っちゃうわけですよ。もはや抗えない。仕方ない(笑)。

 

2022年にはカカアコに3店舗目がオープン予定とのことなので、それも今から楽しみですっ。

 

 

DEAN & DELUCA HAWAII/ディーン&デルーカ ハワイ

URL
https://www.deandeluca-hawaii.com/
住所
●リッツ・カールトン店/383 KALAIMOKU ST., 1F, HONOLULU, HI 96815
ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ 1階

●ロイヤルハワイアンセンター店/2233 KALAKAUA AVE., BUILDING B, #B110F HONOLULU, HI 96815
ロイヤルハワイアンセンターB館1階
電話番号
●リッツ・カールトン店/(808) 729 9720
●ロイヤルハワイアンセンター店/(808) 492 1015
営業時間
●リッツ・カールトン店/7:00〜17:00
●ロイヤルハワイアンセンター店/7:00〜19:00
休日
無休

TAG

SHARE

PREV

ALL

NEXT

よく読まれている記事

POPULAR ARTICLE

CATEGORY

HOT TAG