ハワイアンモンクシール

2022.07.18

ハワイを守る

カイマナビーチでハワイアンモンクシール誕生!

  • WRITER 宮本 紗絵

日本では、7月18日は海の日でしたね~。

今回のつなぐハワイニュースでは、海の日にちなんで、最近オアフ島のカイマナビーチで生まれたハワイアンモンクシールのことをお伝えします。

ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)

 

ハワイアンモンクシール(あざらし)は、絶滅危惧種に指定されているのはご存知ですか?

とっても貴重なんですよ。アメリカ海洋大気局(NOAA)によると、世界中で約1500頭しかいないのです。オアフ島にはそのうち70頭のみ!ちなみに、絶滅危惧種の指定から脱却するには、今の1500頭から2倍以上の頭数が必要だそう。

ハワイアンモンクシールが誕生

ハワイ時間の2022年7月9日(土)朝5時半ハワイアンモンクシールのロッキー(22歳)が、オアフ島のカイマナビーチで、ロッキーの14番目の赤ちゃんを出産しました~。

 

ロッキーは、これまでカウアイ島で12頭、そして同じここカイマナビーチで2017年6月にも出産しているというベテランママ。その時に生まれた赤ちゃんは、「カイマナ」という名前がつけられています。

ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)
ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)

 

ハワイ・マリン・アニマル・レスポンスによると、ハワイアンモンクシールは、約70%の確率で出産を行ったビーチに戻って出産をする傾向があるそうです。

そして今回生まれたハワイアンモンクシールは、男の子!!

現在はまだ名前がつけられていませんが、PO8という愛称です。

PO8?

これはどんな番号?って思いますよね?

  • Pは、Pup(アザラシの赤ちゃんという意味)
  • OはOahu(オアフ島)
  • 8は、8番目に生まれた赤ちゃん

つまり、オアフ島で8番目に生まれたハワイアンモンクシールの赤ちゃんという意味なんです。

ついに名前が発表されました~

ハワイ時間8月10日、ハワイ・マリン・アニマル・レスポンスとワイキキ小学校の児童(4年生)が、PO8の名前をつけたことを発表しました。名前は、コアラニ(Koalani)ちゃんです。この名前は、天国の勇士を意味し、コアラニちゃんが、自立していて、好奇心に溢れているということからつけられたそうです。

ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)
ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)

 

世界で絶滅の危機に瀕しているという、ハワイアンモンクシールの出産というのは、とってもうれしいニュースです。これには、ハワイ・マリン・アニマル・レスポンスをはじめとした様々な機関、ローカルの皆さまによる保護活動の甲斐かと思います。ハワイアンモンクシールの保護のための寄付をされたいという方は、ハワイ・マリン・アニマル・レスポンスで寄付を募っています。

ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)
ハワイアンモンクシールの母ロッキーとその赤ちゃん(PO8)

 

今後親子のハワイアンモンクシールは、5-7週間カイマナビーチ周辺で子育てをするそうです。

ハワイアンモンクシールに通常ビーチで出会った時には、最低15メートル以上の距離をおくことが決まっていますが、

アメリカ海洋大気局(NOAA)によると、ロッキーと赤ちゃん親子は、少なくとも150フィート(約46メートル)離れることを推奨しています。ここカイマナビーチには柵がされ近くには近づけないようになっています。

*なお、本写真は、適切な距離から望遠レンズにて撮影されたものです。

 

今回のつなぐハワイニュースでした~。次回もお楽しみに!

TAG

SHARE

PREV

ALL

NEXT

よく読まれている記事

POPULAR ARTICLE

CATEGORY

HOT TAG