ウルフギャング・ステーキハウスの朝食

2022.07.13

レストラン&カフェ

ステーキだけじゃない!改装後のウルフギャングは朝食もすごかった

  • WRITER 松本 律子

  • INTERVIEWER 瀬川 慶

 

ハワイ好きな皆さんなら、その名を知らない方はいないであろう人気レストラン「ウルフギャング・ステーキハウス」。ニューヨーク発祥の高級ステーキ専門店で、ワイキキ店は2009年にロイヤル・ハワイアン・センターC館3階にワイキキ店がオープンしました。約28日間かけてじっくり熟成されるドライエイジングビーフを高温で焼きあげるポーターステーキは、それはそれは感動の美味しさ。特別な日に、大事に味わいたい逸品です。

 

リニューアルされたバーカウンターもこの通り!美しい!!


そのウルフギャングさん、パンデミックの間に、一時クローズして大規模なリニューアルを行っていたのをご存知ですか?そして、ディナー、ランチに続き、魅惑の朝食メニューも復活して話題なんです。


今回は、マネージャーのJEDさんにその内容を詳しく紹介していただきました。ワイキキの真ん中で食べるステーキ専門店の朝食とは?

【魅力1】高級感あふれるお店で朝を迎えられる


なんといっても、この店構えですよ。そして大きな改装を経てさらにゴージャスに、さらに格式高くなったウルフギャングの店内で、朝ごはんを食べられるというのは、それだけで気分がぐっと盛り上がります。


フローリングまで真新しくなった広い店内、大きなガラス窓はお天気がよければ開放され、ワイキキの心地よい空気を感じながら最高の朝を迎えられる…。なんと贅沢な!

【魅力2】ヘルシーな幸せ朝食メニューで元気になる

早朝7:00から楽しめる朝食メニュー、とにかく種類が豊富です。


軽めの朝食をお好みなら、マンゴーやパパイヤ、パイナップルなどハワイのローカルフルーツがたっぷりの盛り合わせや、ヘルシーなアボカドトーストを。アボカドトーストは、マルチグレインのパンと全粒粉パン(ホールウィートブレッド)を選べて、お好みでポーチドエッグも付けられます。


ふわっふわのフレンチトーストは、甘さ控えめでとにかく柔らかい!フルーツやホイップクリームと一緒に、朝からとろける幸せ時間を過ごせそうです。

【魅力3】ボリューミーな特製メニューは“シェア”して楽しめる

早めのランチとして狙うならなら、特製のロコモコやクラブケーキ・エッグベネディクトなどがおすすめ。


ロコモコには、高級プライムビーフを贅沢に使用。グレイビーソースもプライムビーフから抽出したソースを使う、専門店ならではのこだわりがたまりません。つやつやの卵は、もちろんローカル産です!


ハワイでは特に人気のエッグベネディクト、こちらはハムなどの代わりにクラブケーキ(カニ肉)がどーんと使われています。濃厚なクラブケーキに、とろけるポーチドエッグの相性が最高です。ポテトかサラダが付け合せに選べるのでお好みで。

 

こちらも人気メニューのサーモンベーグル。オープンスタイルのベーグルサンドにはサーモンがたっぷりで、とてもボリューミー!味わい深くてすごい満足感です。これでもか!と盛られるサーモンは、スモーク、塩漬け、グラブラックスの3種類から選べるのだそう。グラブラックスは普通の塩漬けと少し違う北欧風のマリネで、ハーブやオイルの芳醇さを楽しめるリッチな味わいです。お好みでお選びください。


どれも、ボリューミーなひと皿で、正直朝から食べきれない!という方もいると思います。マネージャーのJEDさんも「ポーションが大きめなので、シェアして楽しんでいただくのもおすすめですよ」と話してくれました。

 

そう考えると、上質なブランチをリーズナブルに楽しめてさらに嬉しいですよね。もちろん、朝食時間にも、ディナーと同じ本格的なステーキもオーダーできるので、ガッツリいきたい方はぜひ!!

【魅力4】吟味されたハワイ産の食材を存分に味わえる

JEDさんによると、ハワイ産素材を使うようにしているそう。ステーキ肉はニューヨークやシカゴから仕入れますが、それ以外の素材はできるだけ、ローカルのものを用いて丁寧に調理されています。


そのこだわりは野菜やフルーツはもちろん、卵、パン類にいたるまで。ハワイの恵みとニューヨーク仕込みのこだわりの融合を、カジュアルに朝食で楽しめるなんて!ありがたすぎます。


 

メインダイニングの奥には、拡張された新しい客席が。そしてパラソルがお洒落なテラス席も新設されています。2022年7月現在、テラス席での朝食サービスは休止しているとのことですが、今後は状況にあわせてサービスを開始するかも…ということで期待が高まります。


「ステーキはもちろん、それ以外にもクオリティの高いバリエーションのあるお食事を提供できるレストランだと皆さんに知って頂きたいんです。朝食として、自慢のメニューをリーズナブルに楽しんでいただき、またランチやディナーにもご来店いただければ嬉しいですね」とJEDさん。


パンデミックを経て、店舗も、メニューも、サービスにも、さらに磨きがかかったウルフギャング・ステーキハウスの朝食。本当に、大満足でした!!


お店によっては、突然営業時間が変わったり、メニューが減ってしまったり、値段が跳ね上がってしまったり…と、いろいろとレストラン事情も変わっている昨今。ワイキキでゆっくり優雅に満足できる朝食をお探しなら、正直すごく狙い目だと思いますよ。

 

Wolfgang's Steakhouse Waikiki/ウルフギャング・ステーキハウス ワイキキ店

住所
ロイヤルハワイアンセンター C館3階
2301 Kalākaua Avenue Honolulu, HI 96815
電話
(808)922-3600
営業時間
朝食7:00 - 11:00 、ランチ11:00am - 15:00、
ハッピーアワー 15:00-18:30(バー・ラナイ)、夕食18:30~21:00
*営業時間はコロナ禍で異なる場合もありますのでご確認ください
公式サイト
www.wolfgangssteakhouse.net

TAG

SHARE

PREV

ALL

NEXT

よく読まれている記事

POPULAR ARTICLE

CATEGORY

HOT TAG