ハレプナワイキキのインフィニティプール

2022.03.22

アロハなホテル

安心・安全にこだわる「ハレプナ・ホスピタリティ」が圧倒的に心地いい話

  • WRITER 松本 律子

ハレクラニの姉妹ホテルとして、2019年秋にグランドオープン以来、常に話題の人気ホテル「ハレプナ ワイキキ バイ ハレクラニ」。この場所は、ハワイ王朝時代に王族たちが集い、憩いの時を過ごしたとされる泉ゆかりの地。「ハレ=館、プナ=泉」のハワイ語から、ホテルの名前が付けられたそうです。

美術館のような佇まいに、ロビーから心躍る


エントランスから続く廊下には、ローカルアーティストのアートが展示され、ミュージアムのよう。


ロビーは明るくて清潔感があり、都会的でありながら自然を感じられるデザインが素敵。ハレクラニと同じデザイナーさんが手がけられたそうで、さすが!な雰囲気です。


今回ご案内くださったのは、ハレプナ ワイキキ バイ ハレクラニの営業・企画を担当されているMasaoさんです。


ロビーで迎えてくれる、存在感あるオブジェ。

 

「このウッド部分は、ハレクラニのハウス・ウィズアウト・ア・キーにあるキアヴェの大木が倒れた際に、切り取られた部分を運んできたものなんですよ」とMasaoさん。


ハレクラニの歴史が、こうして感じられるのが素敵…。ホテルの随所に特別なこだわりがあふれているんですよね。ほんと、たまりません!

インフィニティプールでオリジナルカクテル!の贅沢時間


そして!こちらのホテルを象徴する存在とも言えるのが8階にあるお洒落なプールです。ハレプナのロゴマークが静かに浮かび上がり、ワイキキの海へと続くようにデザインされたインフィニティプール。最高ですよね。ちなみに深さは手前が90cm、海に向かって奥は120cm。それほど深くないのが、いい感じです。

 

キラキラ輝く海を眺めながら、ゆっくりリラックスできるオトナ空間。プールを囲むサンデッキでのんびりしたり、ジャグジーでくつろいだり。

 


プールバーでは、クラフトビールのほか、専属カクテルソムリエが生み出すオリジナルカクテルなどもオーダーできるんですよ。

 

ここでしか飲めないカラフルなカクテル…。これは無敵。そして圧倒的な映え感!リゾート気分も最高潮に。


明るい時間もサンセットタイムも、とにかくオススメなのです。サンデッキでゆっくりしながら、ずっと時間の移り変わりを見ていたい。これぞ、オトナの贅沢!


同じフロアには、ホテルゲストがくつろげる「ザ・ガーデン」というスペースも。人工芝が敷き詰められた開放的なこの場所では、朝時間にヨガをしたり、ワインレセプションが開催されたりするんですって。ホテルの朝ヨガって、すっごく気持ちいいんですよねー。自分のために過ごす朝時間で、1日が気持ちよくスタートできそうです。


同じく8階には、フィットネスジムや、ビジネスセンター&ホスピタリティスイートなどもあります。ホスピタリティスイートは、チェックイン前やチェックアウト後にも使えて、なんとシャワーなども完備されているという素晴らしさ…。


ただ私、実際に宿泊する際、こういうありがたいスペースをなかなか上手に利用できないことも多く…。もったいないですよね。オトナたるもの、スマートにお洒落に使いこなせるようになりたいものです!!

最高の眺めと心地よさが自慢の客室へ


では!いよいよお部屋へ…。

 

まずは、デラックスオーシャンビューのお部屋。ラナイ(ベランダ)からの眺めがこちら!癒やしのパワースポットとされる「カヴェヘヴェヘ」がくっきり浮かび上がるのが見えます。

 

ハレプナ ワイキキは、ハレクラニより高層のホテルになるので、ワイキキビーチがハレクラニ越しに見えて。この眺めは、本当に格別です。


窓は天井から床まで一面の大きなガラス。カーテンも電動ですーっと上にすべて上がっていくので、遮るものなく景色を楽しめるのが魅力的です。贅沢ですよね。

清潔感あふれるこだわりが今にぴったり


さらに、この時期にホテル全体が真剣に「安心安全」に取り組んでくれているのも素晴らしいのですよ。

 

見てください、お部屋のアメニティなどがすべて袋に入っている徹底ぶり。ゲストが部屋に入ったとき、ほかの誰も触っていないという安心感が最強です。


テレビのリモコンから洗面台のアメニティー、お部屋のメモや鉛筆に至るまで、すべてクリーン。


なんと、バスローブも一着ずつ袋に入っていて、ジッパーがロックされている徹底ぶりなんですー。


ロゴ入りウォーターボトル、マスク、指サックがセットになったセットも置かれていました。これはもちろん持ち帰り可能。ホテル内のウォーターサーバーでお水を補充して何度も使えるので、プラスチックボトルに入ったお水を買わなくて済み、ゴミを減らすエコにも繋がります。


ご覧のように、このボトル自体がすごくかわいい。日本に帰ってからも持ち歩いて自慢したくなりますよね(笑)。

※ちなみに、ハレプナワイキキのロゴグッズは販売もされていて、その売上の一部がハワイの自然を守るために植樹活動をしている「ハワイアン・レガシー・リフォレステーション・イニシアティブ」に寄付されているそうです。

 

お部屋自体も、もちろん清潔感たっぷりで明るく、居心地がいい!

 

ゆったりしたベッド、可動式のシャワー、深めのバスタブ…。なにもかもが気持ちよくて心が解きほぐされるようです。コンセントやUSBポートなどもたっぷりあって、至れり尽くせり。ステイケーションやワーケーションにも良さそうですよね。


別カテゴリーのワイキキマウンテンビューでは、ワイキキの街の様子や山並みなどが見えて、これまた素敵でした…!

あのハレクラニ・ココナッツケーキも買えるベーカリー


1階にある「ハレクラニベーカリ&レストラン」も、気になりますよね。ハレクラニブランドのベーカリーはここが初とのことで、そのレアな存在が本当に愛おしくありがたい。


ベーカリーに一歩足を踏み入れるとふわーっと香る美味しいパンに香りに幸せを感じます。


ハイクオリティーなパンやデニッシュはもちろん、宝石のような美しいケーキも魅力たっぷり。あの「ハレクラニ・ココナッツケーキ」も、1ピースずつ購入できるなんて、夢のようです!!芸術的なチョコレートも有名なんですよ。 


レストランはこんな感じ。ホテルゲストはもちろん、地元のマダムも御用達のゆったり空間では、朝食からランチ、ディナーまでシェフこだわりのお料理をいただけます。地産地消にこだわった食材を生かしたお料理、全部制覇したくなる!

 

窓が大きい開放感も、いいですよねー。

女性の心、わしづかみ…。居心地の良さに感激!


こちらは、ホテルの総支配人であるジュリー・アリゴさん。


笑顔で登場されたGMのジュリーさん、お会いするだけで元気をもらえる素敵な女性です。「安心安全に最大限に気をつけながら、日本の皆さんが来てくださる日をお待ちしています」とのメッセージをくださいました。


2019年秋のグランドオープン後、少ししてパンデミックを迎えてしまったこともあり、まだ知られざる魅力がたっぷりなハレプナ ワイキキ バイ ハレクラニ。


ハレクラニブランドのホスピタリティと、ハレプナ独自の新たな取組み、そのバランスがあまりに絶妙で本当に素敵なホテルだなあと、あらためて感じました。その雰囲気を少しでもお伝えできたら嬉しいです。

 

そして。

次回はぜひ、取材ではなくゆっくり泊まりに来ます!!

 

Halepuna Waikiki by Halekulani/ハレプナ ワイキキ バイ ハレクラニ

URL
https://www.halepuna.jp/
住所
2233 Helumoa Road Honolulu, Hawaii 96815
電話番号
(808) 921-7272

TAG

SHARE

PREV

ALL

NEXT

よく読まれている記事

POPULAR ARTICLE

CATEGORY

HOT TAG